法律手続申請

「法律事務」とは、「法律上の効果を発生・変更する事項を処理すること、加えて法律上の効果を新たに発生するものではないが、法律上の効果を保全・明確にする事項を処理すること」です。これは、昭和39年東京高等裁判所の判決で、現在の弁護士会・法務省の見解となっています。
法律的に定められた権利や義務は数限りなくたくさんあるのですが、その権利や義務の発生・変更・消滅について弁護士がする交渉以外の全ての手続きを法律事務と言うのです。

法律

もっと大雑把に言えば、企業で言うと、弁護士が社長だとすると、秘書のお仕事が法律事務職員さんのお仕事です。デスクワークだけでなく、東京都の行政書士が交渉するためのアポイントを取ったり、依頼者の苦情処理や事務処理、裁判に必要な資料を集めたり、時には弁護士に同行することもあり、挙げていたらきりがありません。

とにかく、法律事務とは、弁護士事務所の仕事の中で弁護士バッチが無いとできない仕事以外の全ての仕事を言います
弁護士事務所の法律事務職員さんは、あらゆる法律的な事務処理ができます。弁護士ではありませんので自分で交渉はできませんが、弁護士の仕事の内容が全て情報として入ってくるのですから、ベテランの法律事務職員さんの中には、新米弁護士よりも法律に詳しい人もいます。